目薬を使うと虫歯になりやすくなってしまうって本当?

唾液の分泌量に目薬の成分が関係している  

抗欝剤、イブプロフェン、抗ヒスタミン剤が目薬に含まれている時があります。
口内の唾液の分泌量もその成分の影響を受け、減少します。
唾液の役目は、口内洗浄と抗菌です。それだけではありません、歯の再石灰化には唾液が欠かせないので、分泌量というのは重要な点です。

この前の項でお話しましたが、歯周病やムシ歯になりやすくなる、という事以外にも、口臭がきつくなったり、という点で、唾液の分泌量が大いに関係してくるのです。

そこで、ガムなどを噛んで目薬を使用すれば、唾液の分泌量の低下を防ぐ事もできます。唾液が減る、という事を目薬の使用時にには思い出してください。

歯周病・虫歯は花粉症の時期にかかりやすいか?

歯周病・虫歯と花粉症のかかわり

冬も過ぎ、春になって暖かくなると、花粉症が発症したくさんの方が苦しんでいます。
以前より花粉症で悩んでいる人も多い事でしょう。ちょっと気になる記事があり、ムシ歯や歯周病はその時期に増えるということが書いてありました。

唾液はすっぱそうなものや、おいしそうなものを見ると分泌されますが、ムシ歯や歯周病の予防に役立っているのがこの唾液です。
抗菌、洗浄の機能が唾液の役割です。
しかし、花粉症の薬によって、この唾液が減少してしまいます。

風邪薬や花粉症治療薬に唾液分泌を低下にさせる成分が含有されていますが、薬の全てが荘だとは限りません。
唾液が減ると、抗菌、洗浄が十分に行われなくなりますが、この成分によって唾液が減少してしまい、歯周病やムシ歯になってしまいます。
口臭は唾液の分泌がへってしまうとひどくなります。薬剤は少し意識をして常用したほうがよいかもしれないですね。

水泳は歯に悪い?それはうわさ?

約66%の水泳選手に歯のダメージ

プールの水の消毒の為の塩素による歯のダメージがあるのかを500人の水泳選手を対象の調査した所、歯のダメージはなんと66%の人にあるという結果が出たようです。
しっかりと消毒をしないとプールは不特定多数の人が使用するので、様々な感染症が沢山の人に広がってしまう可能性があります。消毒のために塩素が水の中に入っています。その塩素により、プールの水のpHの酸性が強くなっているのです。歯のエナメル質からカルシウムとリン酸が酸性の強いプールの水の中で長時間泳いでいると、脱灰してしまう可能性があります。

歯が削れ易くなっている可能性が、プールから上がった直後は高いので、歯を磨かないようにした方がよいかもしれないです。

この調査結果は、6ヶ月未満の乳児をプールに入れると皮膚がやられてしまう、といわれるほど高い酸性濃度なので、信憑性が高いといえるかもしれません。

早期の段階は歯周病を引き起こす細菌が歯の表面にこびり付いてしまい、それが発端となって歯肉に炎症が生じて赤くなって熱を持ったり、歯を磨くといつも血が出るような状況が歯肉炎の特徴なのです。
酷い口臭を対策をせず放置する事は、あなたの周辺の人への支障はもちろんですが、本人の心理的に大変な傷になる恐れがあります。
口臭を防ぐ効能があるドリンクにコーヒーが有名ですが、多量に飲みすぎると口の中の水分が乾いてしまい、意に反して口の臭いの原因になりうるものです。
唾液量の低下、歯周病以外にも、入れ歯を使うことが原因で生じる口の臭いなど、年齢と口の臭いの関連性には思ったよりも多数の引き金が存在するようです。
とある研究の結果、顎の関節に違和感を感じるという自覚症状がまったくない人でも、30~40%の人が口を動かす時にこういった感じの不快な音が聞こえるのを知っていたそうです。


審美歯科の治療として通常セラミックを使用する場合には例えば歯冠継続歯の入替え等が存在しますが、詰物にも汎用のセラミックを応用することができるのです。
歯科衛生士が在宅医療において必要とされているのは、真っ先に口内を掃除して清潔にすることです。患者の口のなかが汚い状態だと、菌が繁殖しているカスそのものを飲み下す危険性があります。
半面、糖尿病の側面から考えると、歯周病のために血糖を調節することが難儀で、それにより糖尿病の加速を誘発する恐れがあり得ます。
毎日の歯ブラシでのケアをぬかりなく行っていれば、この3DSのために虫歯菌の除菌された状態が大体4ヶ月~半年ほど持続できるようです。
意外なことに唾液は口腔内の掃除係りとも言われる大事なものですが、その大事な唾液が減少してしまえば、口腔内の臭気が悪化するのは仕方がないことだと言えるでしょう。

歯のカラーとは元々ピュアな白色であることはまず無く、多少の個人差はありますが大方の人の歯のカラーはイエロー寄りだったりブラウンの系統に着色しているようです。
歯を矯正することによって容姿への自信を持てず悩みを抱えている人も笑顔とプライドを復することがかないますので、肉体と精神の清々しさを取得することが可能です。
少し前まで歯周病の処置は、病気の悪化を鈍くしたり阻止することに考えが集中し、健やかだった時の歯の健康状態に改善するのは簡単ではありませんでした。
やっかいなプラークが蓄積しない内に、日々歯石のケアをするのが大層肝要なポイントになります。歯垢のたまりやすいところは隅々までケアする事がより一層大事になります。
人工的に作られた歯の脱着が行えるということは、経年によって変貌する歯や顎の都合に適した方法で加減が簡単だということです。

ある研究結果によると、顎関節に違和感を感じるという自覚症状がなかった人でも、3割~4割の人が歌を歌ったりする状況で、これに似た奇妙な音が起こるのを気にしていたそうです。
プラークが歯の表面にたまり、その部分に唾に存在するカルシウムなどのミネラルと呼ばれる成分がくっついて歯石が出来上がりますが、それらの元凶はプラークなのです。
歯を長い間温存するためには、PMTCは大変重要なことであり、この施術が歯の治療した結果をこの先も保つことができるかどうかに、強い影響を及ぼすのも確実な事です。
それは顎を動かすのと一緒に、左右の耳の近くにある顎関節に異音が聞こえるもので、顎関節症の症状ではすこぶる多く起こっており、著しく早期の段階で多く現れている顎関節症の現象です。
今ではすっかり知れ渡ったインプラントは、違和感を感じることなく、食事も健康な歯のように楽しんで過ごせます。そして、これ以外の治療法に比べてみると、顎の骨が少しずつ痩せていくということがないというメリットがあります。

当の本人でも気付かないうちに、歯にヒビが存在する事も推測できるため、ホワイトニング処置を受ける時は、念入りに診察してもらわなければなりません。
アゴを動かすと痛さを感じる入れ歯、なじんでいない入れ歯は、そのことが原因で適切に物を噛むことができずになんと丸ごと飲み込んでしまう事が、増えてきてしまっているそうです。
患者への情報の開示と、患者による考え方を重く見れば、それに応じるだけの義務が医者側に対して強くのしかかってくるのです。
良く知られているように口内にある唾液は、すっぱそうな物や、おいしそうな物を目の当たりにすると自然に分泌されるのですが、じつは、ムシ歯や歯ぐきの歯周病などを予防するのに有用なのがこの唾です。
デンタルクリーニングを受けるのは、歯周病を引き起こす菌の活動を抑制する秀逸な方策だと、科学的に明らかにされており、感覚的に清々しいというだけではないとの事です。

歯のレーザー処理は、直接虫歯をレーザーの照射でなくしてしまい、加えて歯の外側の硬さを引き上げ、虫歯菌のついた歯になるのを避けやすくする事が可能と言えます。
甘いお菓子をたくさん食べたり、日々の歯みがきを適当にすると、歯周病を引き起こす菌が増殖し、プラークが繁殖し、その結果歯肉炎が発生してしまうと公表されています。
広い歯周ポケットという歯と歯ぐきの隙間には、不潔な歯垢が入ってしまいやすく、そうやって固着した際には、ハミガキのみ実施したのでは、完全には取り去れません。
PMTCを利用することで、基本的な歯ブラシでの歯磨きで落とし切ることのできない色素沈着や、歯石とは違うカス、ヤニなどをほぼすべて排除します。
歯を綺麗にするのを主な目的としているため、歯の噛みあわせの事を軽視考えているような状況が、いっぱい聞こえるのです。